• HOME
  • ブログ
  • Fashion & Beauty
  • 初級者編②おしゃれな人との違いはこれ!『おしゃれの法則』を覚えよう!〜カラーコーディネート編〜

初級者編②おしゃれな人との違いはこれ!『おしゃれの法則』を覚えよう!〜カラーコーディネート編〜

Fashion & Beauty




おしゃれになるためにはある程度のファッションセンスが必要不可欠ですが、
タイトルにもある通り、おしゃれにも法則があるのです。

この法則は、流行りに左右されることがありませんので、一度覚えてしまえば毎年、毎シーズン使えます。

それでは早速法則をご紹介します!

目次

おしゃれの法則・はじめに

おしゃれの法則・最初に覚えておきたいこと

本題に進む前に、最初に覚えておいていただきたいことがあります。

お洋服を着る際に必ずコンセプトやテーマを決めてお洋服を着ること。

これが一番の法則です。

ブランドの服をきているからおしゃれに見えるわけではない、
おしゃれなあの人が着ているTOPSを着たからっておしゃれに見えるわけでもない。

おしゃれになるためには『トータルコーディネート』が必要不可欠です。
そのトータルコーディネートを簡単にしてくれるのが、
コンセプトやテーマを決めて洋服を着るということです。

それではここで質問です。

季節は夏。
あなたは海に行きます。
あなたの今日の洋服のコンセプトは『ビーチスタイル』です。あなたは白いワンピースをチョイス。
さて白いワンピースにあなたはどんな小物を合わせますか?
下記から好きなアイテムをいくつでも選んでみてください⭐️
———————————————————–
◽️ ビーチで過ごしやすいように、ビーチサンダル
◽️ ベージュのカゴバッグ
◽️ タオルや小物がたくさん入る、白いワンピースにも合う大きなベージュのレザーバッグ
◽️ 白いワンピースと相性が抜群!足長効果のあるベージュのハイヒールのパンプス
◽️ 日よけのストローハット※ストローハットとは麦わら帽子のことです。ストローハットwikipedia

あなたは何を選びましたか??

この質問で選んでいただいてほしくないものが、
『レザーのバッグ』と『ハイヒールのパンプス』です。

白いワンピースを着て、ビーサンを履き、ストローハットをかぶりました。
ここまではよしとしましょう。
その次に『レザーのバッグ』を選んだとします。

このチョイスあなたはどう思いますか??
大きいバッグでタオルも入るし持っていきたいもの全部入るのにこれじゃダメなの?と思いますか?

はい。コンセプトにあっていないのでやめましょう。

コンセプトにあっていない上に、レザーが水に濡れたらもったいないです!

それでは、パンプスやレザーがはなぜNGなのか?
もしもコンセプトが『ビーチスタイル』でなければパンプスやレザーのバッグでもいいかもしれません。
ですが、ビーチを想像したときに、レザーやパンプスはビーチに合いません。
洋服のコンセプトやTPOに合わせるとなると、パンプスやレザーはビーチに不向きになります。

この微妙な違いを感じていただけましたでしょうか??

この微妙なチョイスの違いが『おしゃれ』な人とそうでない人の違いになります。

このコンセプトやテーマを理解するのに役立つのが、『カラーコーディネート』です。実は、ある程度決まったカラーコーディネートが季節ごとに必ず存在するのです。また、カラーコーディネートだけではなく、季節にあった服の素材、カラー、アイテム(服や小物)を選ぶことがとても重要です。(ビーチスタイルの場合ですと、ビーサンやストローハットカゴバッグなどです。)

今回お伝えするものは、流行りすたりなく毎年毎シーズン必ず使えるアイテムやカラーコーディネートになりますので、一度覚えてしまえば、グンとおしゃれに近づくことができます♡

また、コンセプトやテーマにあったトータルコーディネートの方法は、後ほど新たに投稿予定です♡

今回ご紹介させていただく『おしゃれの法則』とは・・・

⭐️ シーズン毎に使えるカラーコーディネート
⭐️ シーズン毎に必ず持っておきたいアイテム
⭐️ オールシーズンで持っていると使えるアイテム

上記3つの基本的なコーディネートとアイテムを覚えましょう。

シーズン毎に、とても映える相性のいいカラーコーディネートが存在します。
そのカラーコーディネートをとりいれるだけで、服にまとまりができ、グンとおしゃれに近づくことができます。

そして、2つ目のシーズン毎に必ず持っておきたいアイテムですが、
こちらも毎シーズン必ず出てくるアイテムがあるので、
そのアイテムをおさえておけば、これまたおしゃれに一歩近づけるようになります。

最後に3つ目のオールシーズンで持っているアイテムですが、
季節に関係なくクローゼットの中に一つあるとずっと使えるアイテムをご紹介させていただきます。

それではそれぞれ順番に見ていきましょう。

おしゃれの法則・「春」

春に一つ持っておくと使えるアイテムは下記です♡

⭐️ トレンチコート
⭐️ カラーものアイテム+デニム

トレンチコート

春に必ず売り出され人気のアイテムはトレンチコートです。
わたしが店頭で働いていた時もトレンチコートは毎年必ず登場しており、そして毎年必ず売れます。
その年によって流行りのシルエットや流行りの色などもありますが、
トレンチコートは一つ持っておくといいでしょう。
トレンチコートは後ほどご紹介する『おしゃれの法則・オールシーズン』でご紹介させていただくコーディネートと合わせて着ていただくと◎。

カラーものアイテム

こちらも春になると必ず登場するアイテムです。
寒い冬が終わって暖かくなると同時に服の色も明るく春らしくなります。
そのため、春になると店頭にはカラフルな色のTOPSが数多く並びます。
その年の流行りにんよってぱきっとしたビビッドカラーがトレンドの場合もあればパステルカラーがトレンドの場合もあります。店頭にならんでるものはほぼトレンドにちなんでいるはずなので、その年に店頭にならんでいるカラーもののトップスを買うと◎。

一つ色物のTOPSを持っているだけでグンと春のコーディネートになります。

おしゃれの法則・「夏」

夏に大活躍するコンセプトやアイテムは下記です♡

⭐️ マリンテイスト
⭐️ 麻素材のアイテム
⭐️ ボーダー、ストライプ、ドットのアイテム
⭐️ 夏に目をひくカラーコーディネートとは?

マリンテイスト

夏に毎年必ず使えるコンセプトのひとつが「マリンテイスト」です。
マリンテイストのコーディネートで必要なカラーは下記になります。

⭐️ マリンテイスト必須カラー ⭐️
・ネイビー(もしくはブルー)
・赤
・白
・ベージュ or キャメル
・ボーダー

上記カラーのみを使った服 + 小物を身につけることで、一気にマリンテイストに近づきます♡

例えば、
ネイビーボーダーのノースリーブのトップス に 白のパンツを履きます。
キャメルもしくはベージュのベルトをし、バッグや靴もキャメル系をチョイスしましょう。
もしくはバッグ、靴、ベルトのいずれか一つに赤を取り入れても印象が変わって◎
全体をまとめるために肩からネイビーの薄いカーディガンをかけても◎(この薄いカーディガンは是非ユニクロで探しましょう)

下記写真のカラー使いも参考にしてみてくださいね。

麻素材の洋服

麻素材の洋服を涼しい印象を与えてくれるので、ひとつ持っておくと便利です。
ジャケットやシャツ、またはガウチョパンツ等でもよく見かけます。

個人的には、麻の白いシャツを持っていると涼しい夏の夜やビーチにてサラッとはおることができるのでとても便利です。

この麻のシャツにデニム×カゴバック×ビーサンを合わせるだけでも十分シンプルで季節にあったおしゃれになります◎
また、上記のマリンテイストに麻素材を加えても◎

ボーダー・ストライプ・ドットのアイテム

ボーダー・ストライプ・ドット柄は夏になるとよく登場します。
とてもありきたりな柄ではありますが、とくにボーダーとストライプは誰でも着こなすことができるのでひとつ持っておくととても便利です。

夏に目をひくカラーコーディネート

夏に目をひくカラーの組み合わせがあるのでそちらをご紹介します。

⭐️ ホワイト × ブルー
⭐️ イエロー × ターコイズブルー(アクセサリー)
⭐️ イエロー × ネイビー
⭐️ ホワイト × デニム
⭐️ ホワイト × ベージュ
⭐️ オールホワイト
⭐️ ワントーンカラーワンピース
⭐️ ドット × ワンカラー(レッド・イエロー等)

上記見てみるとホワイトが圧倒的に多いですねw(個人の好みも多少入っております。)

ホワイト × ブルー / デニム

ホワイトとブルーは夏を代表するカラーですね。
白のパンツにライトブルーのシャツを合わせてみたり、ダンガリーシャツ(デニムシャツ)を合わせてみても◎
反対にデニムのパンツに白のTシャツを合わせても◎

イエロー × ターコイズブルー or ネイビー

個人的に好きな組み合わせはこのイエロー×ターコイズブルー。
イエローのトップス(もしくはワンピース)にターコイズのアクセサリー(ネックレス or ピアス)を合わせていただくとパッと目のひく組み合わせになるので是非試してみてくださいね♡
上記のイエローのトップス×ターコイズブルーのアクセサリー×ネイビーのパンツやショートパンツを合わせていただいても◎

ホワイト × ベージュ

ホワイトとベージュの組み合わせはカジュアルというよりは上品な印象になります。例えば白のトップスにベージュのガウチョパンツを合わせていただくだけで◎
また、同じ色使いだったとしても、素材を変えていただくだけでもずいぶんと雰囲気が変わります。例えばガウチョパンツを麻素材にするだけでカジュアル感が増します。テンセル/リヨセル、ポリエステル等のサラッとした素材のベージュのガウチョパンツを履けばフォーマルな雰囲気になります。

素材に合わせて、小物も選んでいきましょう。
カジュアルな場合はカゴバックをもってもいいでしょう。

ドット × ワンカラー

ドットは夏になるとよく店頭に並ぶ柄の一つです。
ドットの洋服にカラーもののバッグや靴を持ってくると、パッと映えます。

おしゃれの法則・「秋」

少し涼しくなり、着る服の色も暖色やくすんだ色が増えてきます。
秋に活躍するアイテムは下記です♡

⭐️ ニットカーディガン or セーター
⭐️ 秋に目をひくカラーコーディネートとは?

ニットカーディガン or セーター

秋になり少し涼しくなってきたら必ず登場するのが「ニット」です。
薄手のニットから厚手のニットまで、アウター代わりに使えるニットや一枚で着れるデザイン性のあるニットをひとつ持っておくと便利です。

個人的におすすめなのが、ポロラルフローレンの定番ケーブルニットです。
王道のブランドでもあり、いつまでも廃れないブランド力、シンプルで且つはやりすたりがなく、素材も丈夫なので、一枚持っているととても便利です。
ラルフローレンの定番ケーブルニットにデニムとスニーカーを合わせるだけで◎

秋に目をひくカラーコーディネートは?

秋に目をひくカラーコーディネートは下記です。

⭐️ くすんだイエロー(マスタード)× インディゴ
⭐️ キャメル
⭐️ カーキ × ブラック(or ホワイト、デニム)
⭐️ オールブラック

くすんだイエロー(マスタード)× インディゴ

夏はあざやかな黄色にターコイズブルーのアクセサリーをご紹介しましたが、秋は同じイエローでもくすんだマスタード色とインディゴブルー(インディゴのデニムが簡単です)の組み合わせがとても映えます。

キャメル

そして夏にはキャメルもしくはベージュをおすすめしていましたが、秋に取り入れていただきたいのはベージュではなくキャメルです。

秋冬になるとグレーやブラウン、ベージュ等のくすんだカラーがたくさん店頭に並びますが、これらの色は着る人や合わせる色によっては少し地味な印象を与えてしまうことがあります。

それに比べてキャメルはデニムや他の色との相性も抜群、また誰にでも合いやすいカラーなため、キャメルのジャケットやコートは一着持っておくと使えます。

オールブラック

また、黒のニット、黒のパンツ等のオールブラックで揃えていただくと、一気に秋冬の雰囲気が出るのでこちらもおすすめです。お洋服を黒でまとめた時はバッグや靴等にベージュ等のやわらかい色もしくは柄物、色物を持ってくるととてもシックでシンプルな着こなしに◎

おしゃれの法則・「冬」

冬に持っておきたいアイテムと抑えておきたいポイントは下記です。

⭐️ キャメルのコート
⭐️ ブラックのショートブーツ
⭐️ 冬におすすめのカラーコーディネートは?

キャメルのコート

キャメルのコートは一つ持っておくと便利です。

冬のコーディネートではコートが必ず必需品になってきます。前述したとおり、グレーやベージュは着る人や合わせる色によっては少し地味な印象を与えてしまうことがあります。

それに比べてキャメルはデニムや他の色との相性も抜群、また誰にでも合いやすいカラーなため、キャメルのコートは一着持っておくと使えます。

わたしがアパレルで店頭に立っていたときも、毎シーズン必ずキャメルのコートは入荷し、毎年必ず売れていました。

ブラックのショートブーツ

ブラックのショートブーツは毎年店頭に並ぶものの、流行りのかたちが変わりやすいので、ある程度購入前にチェックをしたいところですが、ひとつ持っておくととても便利です。
ショートブーツ+パンツスタイルはグンとおしゃれに近づきます。また、ブラックはなんにでも合う万能カラーなため、まずはブラックを手にいれましょう◎

冬に目をひくカラーコーディネートは?

冬に目をひくカラーコーディネートは下記です。

⭐️ キャメル × ブラック or デニム
⭐️ タータンチェック
⭐️ ボルドー

キャメル × ブラック or デニム

前述したとおり、キャメルのコートをひとつ手に入れていただき、インナーをオールブラック+ブラックのショートブーツで合わせていただくとクラシックでシックな大人の女性のスタイルになります◎

キャメルはデニムとの相性もバツグンです。デニムオンデニムのスタイルにキャメルのコートを合わせてもいいですし、デニム+白のニット(ラルフローレンのケーブルニットなど)にキャメルコートを合わせてみても◎

タータンチェック

素材にもよってきますが、ウールを使用しているタータンチェックのアイテム(シャツやマフラー等)は一気に冬らしさを演出してくれます◎
とくにクリスマス前に赤もしくはグリーン等のクリスマスカラーのタータンチェックのシャツやマフラーを身につけるととても雰囲気がでておすすめです♡

ボルドー

冬になるとほぼ毎年登場するのが「ボルドー」(ワインレッドのようなカラー)です。ボルドーのニットを一つもっておくとこちらも便利です。キャメルのコートとも相性は◎

おしゃれの法則・「オールシーズン」

これまでシーズンごとの目をひくカラーコーディネートや、おすすめのアイテムをご紹介してきましたが、季節に問わずオールシーズンで使えるシンプル且つ定番のアイテム・コーディネートをご紹介します。

⭐️ 白Tシャツ(シャツ)× デニム
⭐️ デニムオンデニム
⭐️ オールブラック × ワンカラー(キャメル、グレー、ベージュ、デニム)

無地の白Tシャツ(シャツ)× デニム

これは定番のスタイルですね。ただ、Tシャツ選びやデニム選びは慎重にしたいところ。一見誰にでもとりいれやすいシンプルなスタイルですが、実は結構難易度は高めです。なぜなら、同じTシャツ×デニムスタイルでも、選ぶTシャツがとても安そうなと素材とシルエット+はき心地重視のデザイン性のないデニムを合わせたとしても全くおしゃれに見えないからです。
もしもおしゃれ感を出したいのであれば、Tシャツの素材やシルエット、デニムのシルエット(その年に流行ってるシルエットのチェックを忘れずに)がとても重要になってきます。

ちなみに白シャツ×デニムの場合は、白いシャツはラルフローレンの定番のコットンシャツを持っていると長く使えます。ラルフローレンはさりげなくおしゃれの『クオリティ』をあげてくれるので、見る人が見ればおしゃれに気を使っているんだなというのがわかります◎

ちなみに、白いTシャツもラルフローレンでいいのでは?と思った方。
ラルフローレンでのTシャツでもいいかと思いますが、個人的にラルフローレンのTシャツのシルエットがわたしの好みではないのでここではシャツのみをおすすめしたいと思います。

デニムオンデニム

デニムオンデニムもパッと目を引く定番のスタイルです。ダンガリーシャツにデニムを合わせると◎
ですが、やはり全身デニムで合わせるとなると人いよっては勇気のいるコーディネートになるかもしれませんが、シンプルだけれどおも目を引くスタイルなのでとてもおすすめです。

もしもデニムオンデニムに少し抵抗がある場合は、デニム色に近いブルーのシャツにデニムを合わせてみても◎

オールブラック × ワンカラー(キャメル、グレー、ベージュ、デニム等)

秋冬にてオールブラックをおすすめしましたが、ブラックは年間を通して大活躍する色となります。
ブラックは誰にでも合いやすい万能なカラーです。下手にデニムや他の色と合わせてしまうと逆に野暮ったく見えてしまうこともあるので、潔くオールブラックにしてしまう方が断然シンプルで簡単におしゃれな雰囲気を作ることができます。

ただ、トップスとボトムスがオールブラックなら、バッグや靴で何かひとつ色ものをいれましょう。
例えば、オールブラックにベージュのパンプス。オールブラックにキャメルのショートブーツ。オールブラックにグレーのバッグ等。

おしゃれの法則・「バッグとシューズ」

最後に小物を合わせる時のおしゃれの法則をご紹介します。
小物選びはとても重要です。合わせる小物によってコーディネートに大きな差ができます。
※小物の詳しいコーディネートはまた新しく記事にさせていただきます。

詳細は後ほど記事にさせていただきますが、ここでは簡単な法則をご紹介させていただきます。

⭐️ バッグと靴の色をあわせよう
⭐️ 服とバッグの色を合わせて靴だけ色を変えよう
⭐️ 服と靴の色を合わせてバックだけ色を変えよう

上記のように全体にまとまりをもたせるとグンとおしゃれな雰囲気が出ます。
・例えば、オールブラックの服を着たとします。ここでベーシュのパンプスを選びました。そしたらバッグはベーシュのバッグか黒のバックを持ちましょう。

・マリンテイストを思い出してください。
白のパンツにネイビーのボーダーのタンクトップを合わせました。バッグと靴をベージュ系に合わせるととてもまとまりが出て◎

いかがでしたでしょうか?

この記事では毎シーズン使えるカラーコーディネートや流行り廃りのないベーシックな使えるアイテムをご紹介させていただきました。

今回ご紹介させていただいたのは『カラーコーディネート』がメインでしたので、実際のところはそこだけ覚えておいてもおしゃれになれるわけではありません。
おしゃれになるためには『トータルコーディネート力』が必要不可欠です。
今後どんな風にトータルコーディネートをしていくのか等の記事も投稿しますので是非またお読みいただけますと幸いです♡

※記事の更新を随時お知らせ!LINE登録はこちらから♡
LINE 友だち追加♡

 



  1. この記事へのコメントはありません。

過去の記事