【第2弾】外国人との恋愛・メキシコ人セサル編〜隣人との昼の情事〜⑤

今回は外国人との恋愛実体験・メキシコ人セサル編の⑤・最終話でございます。
①・②・③・④はこちらからどうぞ→②・③・

すれ違い

初めてしてしまった隣人との昼の情事・・・。
しかも外人。
でも、日本人ではないところが
逆にリアリティー感をあまり感じなかったのかもしれないです・・

そして、セサルとのその後はというと・・・。

わたしたちは、やはり1回の情事では飽きたらず
また会うために連絡を取り合っていました・・・。

『明日はあいてる?』
『明日は仕事なの・・・明後日は?』
『まだわからない・・・明日連絡するよ』

そして彼は決まって言うのです。
『I want to see you, miss you…』会いたい、寂しいよ・・・と。

その言葉をメールで送られてくるたびに、
奥さんいるのに、こいつはどうしようもない男だと思っていました・・。
それなのに、
『I miss you too』わたしも寂しい・・
なんて返信するわたしも、今となってはどうかと思いますけどね。w
当時のわたしにとって、
彼との情事は寂しさを埋めるための手っ取り早い方法だったのでしょう。

そんな感じで彼とのやりとりを続けていましたが、
なかなか都合が合わず、彼との2回目の昼の情事はやってきませんでした・・・。

不倫文化の正当化

どうしようもない男に、どうしようもない私。
初めてセサルと昼の情事をしてから、もう1ヶ月くらい経ったでしょうか?

その1ヶ月間セサルとは会う事はありませんでした。

そして、その間にわたしはある男性と知り合ったのです。
その男性はスペイン人。(こちらの恋愛話も後で投稿する予定でございます。)

その彼との仲が急に深まったおかげで、
わたしはセサルに連絡をとることが少なくなっていました。

そして、わたしからの連絡が少ないことが気になったセサルからメールがきたのです。
彼はまた懲りずに
『I want to see you, miss you….』
とわたしに言ってくるのです。

わたしには次の男性がいるので、こんな昼の情事を繰り返すメリットが全くありません。
なので、もうこの関係を終わりにしようと試みました。

『もうセサルと会えない、私彼氏ができたの!』

と、嘘を言いました。

すると彼から、驚きの不倫(浮気)文化肯定の強気メールが!!!!

『 THAT’S NOT A PROBLEM HERE IN MEXICO!! SEE YOU SOON!!』
(メキシコでは浮気は普通だ!!!また会おう!!)

まじですか・・・・w

すごいな・・・メキシコ人・・・。

余談ですが・・・メキシコ人の離婚と再婚率は日本に比べると本当に多い気がします。
一緒に働いていたメキシコ人男性も再婚していたのですが、再婚は4回したんだとか!!!
これだけ離婚率・再婚率・不倫率が高いその背景には、
日本とはまた全然違う文化が関係しているのかなー・・・なんて思ったのでした・・・。

メールの無視

私としては、
『彼氏ができた』と言った時点で察してほしかったんですよね・・・。

なので、
『浮気は普通だ!』
と言われましても、わたしの心に響くはずがないのです・・・。

人として、無視はしたくない。という気持ちがあったので、
彼氏ができたという嘘までつきました。

それでも、浮気は普通だという返信をしてきた彼に
わたしはもう何も返信はしませんでした・・・・。

そして、その後彼から一度だけまたメールがきました。
本当にとりとめのない内容でした。
『最近日本人と話す機会があって、NAOMIを思い出したよ』と。
それもわたしは返信しませんでした。

そして、彼とは二度と会う事もメールすることもありませんでした・・・・。
え、隣人だったのに・・・?

えぇ。彼は隣人だったのですが、
関係をもった1ヶ月後くらいにお互い引っ越しているので、
すでに隣人ではなくなっていたのです。実は。
(※引っ越しの理由は私たちの情事とは全く関係ありません)

でも不思議なことに、ずっと連絡をとっていなかったセサルですが、
この記事を書いているときに偶然にもメッセンジャーで手を振ってきたのです!!!w

これにはびっくりw

テレパシーってやつ?wなんて思い、せっかくなので手を振り返してみましたが、
その後特に連絡はありませんでした・・・・。

新しい出会い

そして、ちらっと前述しましたが、
セサルとまだ微妙に連絡を取り合っている頃、私には新たな出会いがあったのです・・・。

それはティンダーを使って知り合ったスペイン人の男性でした・・・・。

こちらは近日中に投稿予定です・・・♡

よろしければこちらもどうぞ♡↓↓↓



 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP