セフレ以上恋人未満の関係をどうしてもやめられない時に試したい4つのこと

独身女の恋愛とSEX

セフレ以上恋人未満の関係をあなたはどう思いますか?

『大人の関係』として割り切る人もいれば、『いつかは振り向いてくれるかもしれない』とひたすら待ち続けている人もいれば、そんなのありえない!という人もいるでしょう。

それでは質問を変えてみます。
セフレ以上恋人未満になりたい、と自ら希望する女性はいると思いますか?

そんな人なかなかいないですよね。
もしもそんな人がいるとしたら、きっと本命がいる既婚者だったり、何か訳ありな人なのでしょう。

当たり前のことですが、『セフレ以上恋人未満』のような自分が望まない関係は断ち切るべきです。

断ち切るべきと頭ではわかっているのにどうしても気持ちが追いつかないという方がきっとこの記事を読んでくださっているかと思います。

お話を進めて行く前に、今回のこの記事のセフレ以上恋人未満の定義は下記となります。

ここでのセフレ以上恋人未満の定義とは・・・
彼とセックスをしている。彼から連絡もくれる。毎日連絡もとっている。彼の好意も感じる。一緒にお出かけもする。それなのに、どうして恋人にはしてくれないのだろうか?という関係です。

まずは、『恋人』と『セフレ』の違いをいまいちど再認識してみましょう。

『恋人』って結局どんな意味?セフレとの違いって?

『恋人になる』とはどんな意味なのでしょうか?
『恋人』と『セフレ以上恋人未満』との違いも含めて考えてみましょう。

恋人=相手を独占する

当たり前のことですが、もし恋人がいるとして、恋人以外の異性と体の関係を持った場合、それは『浮気』になります。
そうですよね。恋人になることで相手を独占できるようになるのです。自分の行動に責任を持たなければいけなくなります。

セフレの場合は、相手のために自分の行動に責任を持たなくていいため、『自由』でいられるのです。

恋人=信頼関係を築ける

恋人になるということは『信頼関係』を築ける関係になるのです。
お互いを思いやり、信頼を築いて特別な関係になれるのです。中には将来を見据えた関係を築く人もいるでしょう。少しづつ信頼を築き上げていけるのが恋人です。

セフレと恋人との大きな違いは『信頼関係』です。セフレには『信頼』なんてものはありません。

恋人=周囲から『恋人』として認められる

恋人になるということは周囲の人からも『二人は恋人』と、認められるのです。
友人や家族にも紹介し合う深い関係になれるのです。

セフレは決して家族や友人には紹介されません・・・。

『恋人』になるということは、大げさに言ってしまえば、お互いの人生を共有することになるのです。

これを踏まえた上で下記を考えていきたいと思います。

なぜ、セフレ以上恋人未満になってしまうのか?

誰しもセフレ以上恋人未満なんていう状況に陥りたくはないはず。
それでもセフレ以上恋人未満になっしまうのは・・・

ー早い段階でセックスだけしてしまった。
ーセックスはしたものの、出会ったばかりなので恋人になるのにはまだ早い、時間が必要と思われている。
ーすぐにセックスをしたせいで、実は軽いと思われてしまっているため、『彼女』としてみれない。

大体上記のような理由があがりますよね。
そう、要はさっさとセックスをしてしまうから恋人未満になってしまうのです。

わかりきっていることですよね。一番はセックスをしなければいいのです。

それではなぜ恋人になれないのかを考えてみましょう。

お互い好意は抱いているのになぜ恋人になれないのか・・・?

それでは、なぜお互いが好意を抱いているのに恋人にはなれないのか・・?

①彼に本命がいる場合

もしかしたら最悪、彼は既婚者かもしれません。
もしくは実は関係がとても微妙な元カノがいるとか。彼にとっての1番手がいるため2番手のあなたは本命になれないのです。

②出会って間もないのでもっと時間をかけたい場合

セックスと気持ちは別物。できるものなら恋人じゃなくたってセックスしたいのが男性です。
前述したとおり、『恋人』は相手の生活を共有するもの。セックスしたからといって急に『今日から恋人です!』なんてならないのです。
セックスしたら彼氏になる、彼氏がすぐ欲しい!もしそういった感情をもっているのなら、それはあくまでもあなたの価値観とあなたのペース。男性にも男性のペースがあるのです。もしもそれが耐えられないのであれば、出会ってすぐにセックスをしないことです。

恐らく誠意ある男性であれば、セックスする際にある程度恋人になることも視野にいれているかもしれません。でも、セックスをしたからといって、今すぐには本命にできないと考える男性がいるのも確かですよね。

③セフレ以上恋人未満という関係がラクな場合

前述したとおり、恋人になるとそれなりの責任もうまれてきます。
恋人でなければ、基本的には自由の身ですよね。『恋人』を特に必要とはしていないけれど、できたら寂しい時や都合のいい時に会える女性がいたら、男性にとっては最高ですよね。

セフレ以上恋人未満の関係をどうしても断ち切れない時に試したい4つの方法

もう結論は見えていますよね。
恋人未満の関係は断ち切るべきなのです。

そう、頭ではみんなわかっているのです。それでも感情がどうしてもついてこないからこそ悩むのです。

ー未来がないとわかっている場合。
ー明らかに自分が大切にされていないと感じる場合
ー結婚をしたい場合
もしもこれらを感じているのであれば、彼との関係を見直すべき時なのです。

断ち切れない時に是非試したい4つのこととは・・・

①急には別れられないので、彼とはそのままの関係を続ける
②ただし必ず期限を決める
③決めた期限になったら必ず関係を見つめ直す
④半年以上たっても状況が変わらないのであればもうきっぱり別れましょう。

セフレ以上恋人未満はやはりどう考えてもいい関係とは言えません。

ただ、セフレ以上恋人未満でも構わないから一緒にいたい!!と思うほどの彼と、いきなりのお別れも辛すぎます。
中には日々の生活に支障をきたす人もいるかもしれません。

自分にとって一番納得が行く方法を悩みに悩んで決めるのが一番です。

結婚がしたいのか、それとも彼と一緒にいたいのか。彼と会いながら他の男とも会って、すこしづつフェイドアウトしていくのもいいかもしれません。
0か100の選択だと、どうしても感情が置き去りにされてしまうので、しっかりと自分の感情と向き合いつつ冷静に、自分にとっての優先順位を今一度考えるようにしてみましょう。

最後に

わたしにも以前セフレ以上恋人未満の男性がいました。
その当時、40歳くらいの知人の男性にそのことを相談をしたことがあります。

『こんな男を好きになって自分てなんて情けないんだ、私って本当にバカ。』
と、わたしが自分を責めていると、その彼は

『自分の好きな人を信用しようとしたんだからバカになっていいんだよ。バカになる価値はある。』

と、わたしに伝えてくれました。
なんだかとてもいいとこどりのような言葉ですが、それでも当時のわたしにとっては気分がとても軽くなった言葉でした。

セフレ以上恋人未満なんてのはよくありふれている一つの恋愛の形です。
自分を責めてしまうこともあるかもしれませんが、バカでいいのかもしれません。

なんにせよ、セフレ以上恋人未満の関係が続いているのであれば、関係を見直すことからはじめてみましょう。

わたしのセフレ以上恋人未満の恋愛体験談もあわせてどうぞ♡

自分を見つめ直す機会を作ってみませんか?こちらの記事もどうぞ♡

  1. この記事へのコメントはありません。

過去の記事