見栄を張るのに疲れた方へ…見栄の張り合いを終わりにする方法

独身女のメンタル





”見栄をはる”
他人から、よく思われたい、いい格好をしたい、優越感を得たい。

人から認められたい!という、承認欲求を満たすための行為が”見栄を張る”という行為につながるのではないでしょうか。その表れでもあるのがインスタグラムなどのSNSです。もはや見栄の張り合いにしか思えない方もいるかもしれません。インスタグラムだけでなく、ごく普通の日常の中でも”見栄の張り合い”は溢れていますよね。見栄ばかり張っていると正直疲れます。なぜなら、目には見えない見栄の張り合いの”勝敗”を気にしてしまうからです。

それでは、面倒な見栄の張り合いを終わりにする方法はあるのでしょうか?

見栄の張り合いを終わらせるためには・・・

結論からいうと、見栄の張り合いに終わりはありません。

ただ一つ、見栄の張り合いを終わらせるためにできることは・・・
自分自身が、見栄を張る事をやめればいいのです。

至ってシンプルですが、現実は見栄を張ることをなかなかやめることができないのです。

なぜ、見栄を張ることをやめられないのか?

まず、見栄を張るシチュエーションを3つご紹介します。

SNSで見栄を張る

なぜインスタグラムに写真をアップするのでしょうか?

例えば、旅行に行ったとき。
こんないい場所に来てる! → 誰かに自慢したい!誰かに見せたい! → インスタグラムにあげる

自分のプライベートな写真を人に見せることで得るものは・・
・感情を共有できる
・優越感
この2つくらいです。

インスタグラムにあげて記録に残したいという人も中にはいるかもしれませんが、ほとんどの人は友人知人に『すごい!いいな!』と思って欲しいのです。自慢する手段としてインスタグラムはぴったりですよね。

外見で見栄を張る

外見で見栄を張る事に関して、ほとんどの人がやりがちな行為は・・・
ブランド物を買う事です。
他人よりも優位にたちたい、注目されたい、地位を保ちたいから、ブランド物を買うのです。本当に便利で買っている人なんていないのではないでしょうか?高いものはお手入れにもお金がかかりますしね。

究極なのは、ブランド物をインスタグラムにアップする人は見栄っ張り度が高めでしょう。

自分を大きく見せる

何気ない会話の中でも、見栄を張ってしまうことが多々あります。
”話を盛る”という言葉があります。まさしく、見栄を張っているシチュエーションでしょう。

 

それでは、なぜ見栄を張ることをやめられないのか

人間は誰かに認められたいという、承認欲求を満たしたいからです

承認欲求とは?
人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。この感情の総称を承認欲求という。引用:wikipedia

人は欲求を満たす事により幸せを感じられます。
なので、”誰かに認められたい”という欲求を満たすために、見栄を張るのです。
そして、前述した見栄を張る行為は、
誰にでも簡単に満たすことのできる欲求の上、誰しもしていることだからやめられないのです。

見栄を張りたいのならば、若い時にとことん張っておこう

インスタグラムなどのSNS上の見栄の張り合いは10代や20代に多い傾向にあります。

新しい世界に飛び込む機会の多い若い頃は周りが眩しく見えます。
他人のインスタグラムを見ては自分に対して劣等感を感じることが多々あるでしょう。でも、上には上がいて当然なのです。若いうちは自分に自信が持てないのも当然のことです。そして、他人に劣らないように頑張ってインスタグラムに写真を負けじとアップする・・・。ブランド物をたくさん買ってみる・・・。高いレストランでごはんを食べてみる・・・。見栄を張りたいなら、それでいいのではないでしょうか?たくさん見栄を張ればいいのです。張り尽くせばいいのです。たまには度がすぎた見栄を張ってもいいでしょう。嘘も試しについてみたらいいのです。

”もう見栄をはるのに疲れた・・・”と、もし感じるのであれば・・・・

見栄を張り付くした後は・・・

・どんなにいい写真をアップしても、ブランド物を買っても、この欲求は永遠に終わらないことに気が付きませんか?
・無理をして自分をよく見せることに疲れてしまいませんか?

見栄を張る事に意味がないと気が付きませんか?

他人に認められる時は見栄を張らずとも認められます。
自分に自信がない時はその術を知らないので、見栄を張りすぎてしまうのでしょう。自分の弱さを隠すために。見栄を張りながら年齢を重ね、自分の弱さや強みを認めることができる様になれば自然と見栄を張らなくなると思うのです。

見栄の張り合いを終わりにする方法

見栄の張り合いを終わりにする方法は・・・

ありのままの自分を受け入れて、自分から見栄をはるのをやめましょう

これに尽きると思います。
ー自分が気にしないのが一番。
ー自分の自慢話をせずに他人の自慢話を聞いてあげるのが一番。
ーそれがストレスならインスタグラムやSNSを見ないのが一番。
ー劣等感を感じたら、”わたしにもいいところがある!”と、考えるのが一番!

あわせて読みたい記事↓↓

そして、何よりこの記事を読んでくださっている方は、少なくとも見栄の張り合いを終わりにしたい方。恐らく、ある程度見栄を張り付くしてきた方だと思います。

ある程度見栄をはってみて、もう十分と感じるなら、自分から見栄をはることをやめればいいのです。もしくは見栄をはる環境から遠ざかってみることも大事です。

でも、よく考えたら・・・

でも、見栄を張らない人なんて果たしてこの世の中にいるのでしょうか・・・?

”他人によく思われたい”という気持ちは、きっと永遠に人間からなくならいのではないでしょうか?

極論ではありますが、まったく見栄を張らない場合、着る服も気にしない・髪型も気にしない、なにも気にしない浮浪者みたいになってしまうような気がするのはわたしだけでしょうか・・・・?

見栄を張る時・・・他人と比べて劣等感を感じ、自分も人より優位にたちたいと思う。そして、その感情は、結果的に自分を磨くことにつながるのだから、いいことでもあると思うのです。

ただ、嘘をついたり、自分を偽ってまで他人によくみせる必要はないんです。

要は、自分を偽るほどの過剰な見栄は必要ないが、ある程度の見栄はきっと人間は持ち続けるのでしょう。
そして、その見栄とどう付き合っていくかは自分次第です。

見栄を張らなくても済むように、自分磨きするか。
見栄を張り続けるか。

あなたにとっての幸せはどちらですか?

こちらもあわせてどうぞ♡
↓↓







  1. この記事へのコメントはありません。

過去の記事