日焼けが痛いときの対処法!一晩で日焼けのヒリヒリを和らげるアフターケア!

独身女の休日






日焼けが痛くて眠れない!!

日焼けがヒリヒリして洋服も着れない!!
アロエなんて気休めだーーー!!

でも、病院に行くほどではない・・・。( ;´Д`)

 

・・・なんて時ありますよね?

あなたは皮膚が赤くなってヒリヒリと痛みが止まらない日焼けをしたとき、どんな対処をしますか??

コンビニで売ってる日焼けアフターケア用のジェルを塗る?
それともアロエ?
それとも冷えピタ貼ってみる・・・?!
(冷えピタあんまり効果ないですよね?!)

 

でも。
実際どれも効果が持続されないのを私たちは知っている・・・・。

 

今回、とっておきの日焼けが痛い時の対処法をご紹介したいと思います・・・!!!
まずは、この方法を利用した時の効果をご紹介いたします。

あれはサイパン旅行で・・・

あれは冬でした。1月頃でしょうか。
サイパンに3泊4日で旅行に行ったのです。

そしてがっつりと日焼けをしました・・・。
そう、調子にのって焼きすぎました。海外旅行あるあるですね。

まさに真っ赤っか。

 

日本に帰国しても皮膚は赤いまま。
でも日本は冬なのです。寒いんです。肌がひりひりして痛いのに洋服着ないといけないんです・・・。泣

そして、夜寝る時も、体の芯は凍えているのに表面(皮膚)だけ熱いんです!!
毛布をかけたいのに皮膚だけ熱いんです!!!

もうどうしたらいいのかわからず、
このままじゃ眠れない!!!
と、頭をフル回転させて考えました・・・。

・皮膚に衣類を当てたくない
・皮膚をできたら冷やしたい
・でも寝ながら冷やしたい・・・

そして、わたしが
考えに考えぬいた対処法で一晩寝てみると・・・・。

 

一晩寝た効果は・・・・

・とりあえずかなりヒリヒリが軽減している!!!
・赤みがひいた部分もある!!
・とりあえず洋服着れる!!

一晩でヒリヒリがとりあえずおさまれば、
まぁ、いい方ではないでしょうか・・・?!!!

それでは早速その対処法をご紹介します!

わたしが試した日焼けのアフターケアー

まずはサイパン旅行時のわたしの日焼けの症状をご紹介。

・特に我慢ができなかったのが、両足。(なので両足をケアしています。)
・真っ赤でパジャマのズボンをかろうじて履くものの痛いし毛布は暑いし眠れない・・

続きまして、準備するもの。

・化粧水 or 肌水 (大量)
・コットン or ティッシュ(大量)or フェイスパック or タオル
・サランラップ(大量)

上記3点を使用します。
この3点を使ってわたしは最悪の日焼けを短期間でマシにすることに成功したのです!

処置方法

①まずはコットン(最悪ティッシュ)に大量に化粧水もしくは肌水をビチョビチョにまんべんなく染み込ませます。

②そして、それを日焼け部分にペタペタとまんべんなく置いていきます。

③コットンをまんべんなく置いたら、コットンが乾かないようにサランラップでぐるぐる巻きにします

④これだけだと寝てる間にズレてしまうので、レギンスのような体にフィットするようなものを履いてズレないようにしましょう。もしくはサポーターなど。
セロテープで貼ってもズレてしまうのでレギンスがおすすめです。

ポイントは保湿を持続させることです!!!!
サランラップが朝にはズレていた・・・!!なんてことがあると効果はありません・・・。

 

翌日にはヒリヒリがだいぶおさまっているはず・・・!( ´ ▽ ` )ノ

まとめ

かなり原始的な方法ですが・・・
・長時間の保湿
・肌に衣類があたらない
この2点が叶います・・・・・!!!!

これで快眠できますね・・・♡

日焼けがひどい時というのは、恐らく思いっきり1日中外で過ごされているかと思います。
そう、きっと疲れはてていることでしょう。w
是非、水分もしっかりとって、十分な睡眠をとってくださいね。
よかったら、是非試してみてください。

※注意点

・日焼け直後の肌に、コットンやパックなどは繊維が刺激になってしまう場合もあるそうです。
→情報元:NHKオンライン
・効果には個人差がありますのであらかじめご了承くださいませ。

人それぞれの肌の状態もありますので、もし試される場合はご自身の判断と自己責任でお願い致します。m(_ _)m

関連記事↓↓



  1. この記事へのコメントはありません。

過去の記事