なかなか寝付けない…今すぐに眠れる方法と快眠のための習慣10選





明日は大事な会議・・・仕事中に眠くなりたくない・・・でも、寝付けない・・・
寝なければいけないのにどうしても眠れない!睡眠不足で仕事に行くのは本当に避けたいものです。

寝付けないときは1時間2時間くらいベッドの中で過ごしてしまう・・・なんてこともありますよね。
そんな時に試したい、秒殺で?!眠れる方法を考えてみました!

寝付けないときにすぐに試せる方法

寝付けない時というのは、考え事などして頭が興奮状態にありリラックスしていないからです。なので、眠る方法としては、リラックスできる環境を作ること。そうすればすぐに眠れるのです。

それではどんな風にリラックスさせるかを考えてみましょう。

寝たふりをしてみる

わたしがよく試すのはこちら。『寝たふり』です。
寝る時の呼吸を思い出してみてください。とってもゆっくり呼吸をしていますよね。『寝たふり』をすることによって呼吸がリラックスモードになるので、『寝たふり』はとても効果的です。知らないうちに寝てしまっていること間違いないです。

スマホをナイトシフトにする

スマホを寝る前に見る方がほとんどだと思います。このスマホの青白い光は寝る前の脳には刺激的すぎるらしいのです。そこで。どうしても寝る前にスマホをみたいのならば、『ナイトシフトモード』にしてみましょう。
ナイトシフトとは、スマホの画面がオレンジ色に変わり、少し暗くなるのです。
設定方法:(設定→画面表示と明るさ→ナイトシフト)
ナイトシフトモードになる時間帯を設定すると毎日同じ時間に画面がオレンジ色になり、寝る準備ができるのでおすすめです。

活字を見る(本を読む・字幕映画を見る)

活字を見ると一気に眠くなる時ありますよね?小説等読んでみるのもいいでしょう。字幕の映画を見るのもいいでしょう。

ベタに羊を数えて、他のことを考えるのをやめる

何か考えことが頭の中を巡るっているのでなかなか眠れないのです。そしたら、考えることをストップすべく、ベタですが、ひつじを数えてみましょう。羊がじれったいなら、数を数えてみましょう。わたしは数をよく数えます。だいたい200数える前には寝ているか、また他のことを考えているかのどちらかですが・・・。

ひとりエッチしてみる

オナニーは安眠効果があるらしいのです。セックスした後も眠たくなりますよね?それと一緒です。ひとりエッチの出来る人はオナニーしてみるのも一つの手です。

 

毎日ぐっすり眠れる様になるためには、『眠りやすい習慣』を身につけておくと上質な睡眠に繋がると思いませんか?
そこで、明日からできる習慣を考えてみました。

快眠につながるために習慣にしたいこと

お風呂にゆっくり入る

湯船に入る習慣をつけましょう。シャワーだけの方がもしかしたら多いかもしれませんが、湯船に入ると体の芯からあたたまり、体がリラックスできますよね。そうすることで睡眠促進に繋がります。

寝る少し前に暖かい飲み物を飲む

湯船に入るのと一緒です。ホットミルクや暖かいお茶を飲み、体を温めます。体を芯から温めて寝る準備をしましょう。

適度な運動をする

適度な運動をして、体を少しでも疲れさせておくと、断然眠れるようになります。適度な運動を習慣づけましょう。

寝る1時間前から部屋の照明を暗くしておく

もしもお部屋に間接照明があるのならば。お部屋の照明を間接照明だけにして暗くしておくと、脳が寝る準備ができるのだそうです。
関連記事

寝る時間のルーティーンを作る

だいたいの眠る時間帯を決めておきましょう。そうすることにより、体も自然とその時間帯に眠れるように習慣づけされます。そして、良質な睡眠時間は7時間がベストとも言われています。毎日睡眠不足でも寝すぎてもいけません。7時間をキープして上質な睡眠にしましょう。

 

以上、10選あげてみました。
個人的には『彼氏と一緒に寝る』のが一番安心してぐっすり眠れるのですけどね。悲しいことに彼氏がいたのは遠い昔・・・。

その他、寝室を自分のリラックスできる空間に変えてみるのもおすすめです。『寝るだけのスペース』と言ってしまったらそれまでですが、寝室のインテリアを凝ってみるのも効果があります。わたしは一人暮らしですが、ベッドはダブルベッドを贅沢に使っています♡広々してとってもリラックスできるのです。自分なりのリラックスできる方法を考えて上質な睡眠を心がけましょう♡
関連記事

 にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ
にほんブログ村



関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP