禁煙成功しました!!少しの我慢でできる簡単な禁煙の方法とコツ





禁煙しようかな?と喫煙者の方なら一度は考えたことがあると思います。

簡単に禁煙できたら苦労はしません。禁煙を始めるとニコチン依存から起こる禁煙した際の離脱症状(タバコが吸いたくてたまらない・イライラ・落ち着かない・便秘・眠い・集中できないなど)がまず襲ってきます・・・。これらに打ち勝つには本当に強い意思と我慢が必要です。

でも実はそんなに頑張って我慢する必要はなかった!少しの我慢で禁煙ができるのです!
わたしは実際にわずかなストレスだけで禁煙に成功しました!

わたしが試した簡単で我慢の少ない禁煙方法とコツをご紹介したいと思います。

わたしの喫煙ヒストリー

まずはわたしの喫煙歴から。
喫煙歴:16年
1日に吸うタバコの本数:約1箱
必ず吸うタイミング:起床後・食後・仕事の休憩時・仕事後・飲んでいる時(一晩で一箱吸う時も)・寝る前
禁煙をトライした回数と期間:1回、1ヶ月で挫折。

わたしは海外で、タバコ一箱1000円の場所に住んでいたこともあるのですが、それでもやめられませんでした・・・。いくら料金が高くても自分がやめたいと思わなければ、禁煙はできません。

それでは、本題です。

実際にわたしが禁煙できた方法とコツ

まずは私が実践したことをご紹介

わたしが実践したことは・・・

紙巻きタバコを吸う(約16年間)

ICOS に変える(約1年)

プルームテックに変える(2ヶ月)

この流れが本当におすすめです。
一番大きな変化はプルームテックに変えてからです。
習慣となっていた食後・仕事後・起床後に吸わなくても全く気にならなくなったのです。というよりも吸うのを忘れていたなんてことが多々あります。

それではもう少し詳しくお話していきます。

タバコから電子タバコICOSへ

わたしがICOSに変えた理由は喫煙者なのにタバコの煙が嫌いだったからです。髪や服、吸ったあとは手にも臭いがつくことが本当に嫌いでした。特に禁煙しようと思ってICOSに変えたわけではありません。

ICOSに変えて感じたこと
・タバコのほうが断然おいしい!
・臭いがつかなくていい
・タバコを吸わない人と一緒にいる際もタバコより迷惑がかからない
・ICOSを吸うタイミングはタバコと一緒。食後・起床時・仕事後など。これは変わらない。

少しの我慢①:ICOSよりもタバコの方が断然おいしいです。禁煙したい方はまずここを我慢しましょう!ここでタバコを吸ってしまってはいけません。どんなにタバコを吸いたくてもICOSで我慢する。”できない我慢”ではありません。おいしくなかったとしてもICOSで”ニコチン”を吸えます。ほんの少しの我慢をしてみましょう。

ICOSに変えてからの変化(1年後)
・ICOSに変えてから約1年後には、紙巻きタバコの煙が臭くてたまらなくなりました。もう紙巻きタバコを吸いたいとは思いません。紙巻きタバコがどれだけ臭くて、たばこを吸わない人に、どれだけ迷惑をかけていたかがわかりました。
・ICOSはあまりおいしくないので、1本吸いきらないときもしばしば。それでも食後・仕事後・休憩時には必ず吸っていました。

ICOSからPLOOM TECH(プルームテック)へ

ICOSに変えて1年たったあと、あまりおいしくないICOSを吸い続けるよりも、いっそ吸う事自体やめてしまいたいと思い始めました。でも”習慣”となってしまっている行動はなかなかやめられないのです。そこで、ICOSからプルームテックへ変えることにしました。

プルームテックとは?:Ploom TECHの最大の特徴は、たばこの匂いがしない(紙巻たばこに比べ100分の1)ことである。
タバコを燃やさず、蒸気を通過させる方式を採用しており、iQOSやgloのように高温で加熱することなく、約30℃の低温により加熱することで、においの少なさを実現している。タールが発生しないため、壁紙の汚れなども発生しない。また、使用途中でいつでも中断・再開が可能であり、クリーニングが不要である
また一部の飲食店では、紙巻たばこは禁煙であるが、Ploom TECHのみ使用可能である運用を取り入れており、実施店舗はPloom TECHの公式ウェブサイトで閲覧可能。2018年5月時点で、全国に約1500店舗が存在している。同年7月より、全国のコンビニエンスストアで販売が開始された。引用:wikipedia

プルームテックに変えて感じたこと
・ICOSのほうが断然おいしい!
・好きな時に必要な分だけ吸えるのが便利。タバコやICOSは一度火をつけたり加熱させたら、1本全て吸わなければいけないが、プルームテックは好きな時に”一吸い”から吸える。”1本吸う”という概念がなくなる。
・好きなときに好きなだけ吸えてしまうので、やめどきがわからなくなる時もたまにあり。

少しの我慢②:プルームテックよりもICOSの方が断然おいしいです。禁煙したい方はここをまた我慢しましょう!ここでまたICOSに戻ってはいけません。吸いたい時はプルームテックを吸いまくりましょう。”何か”を吸っていることには変わりありません。そして”できない我慢”ではありません。

プルームテックに変えてからの変化(2ヶ月後)
・一吸いから吸えるので、”1本吸う”という概念がなくなる。
・一度プルームテックの充電を忘れてしまったときがあり、その時、意外と”吸えない”ことが苦ではなかったのです。そこから少しずつ”吸う習慣”がなくなります
・でも吸う時は吸ってしまう。

プルームテックを吸って4ヶ月目

紙巻きタバコを吸っていたころよりも”タバコを吸う習慣(起床時・食後・休憩時・仕事後)”が、確実になくなります。

タバコ→ICOS→プルームテックと徐々に減らしてきたおかげかなと思っています。今では紙巻きタバコの臭いが本当にきらいです。プルームテックを吸うために喫煙所に行きますが、タバコの臭いが臭すぎて紙巻きタバコを吸っている人には近寄らないようにしています。

まとめ

現在、ひとつ言えることがあります。『もう紙巻きタバコは絶対に吸いたくない!』という事。w

ストレスなく禁煙するためには・・・

・禁煙するためには自分が”吸いたくない”と思えるようになることが一番です。
・禁煙するためには”習慣”を変えることが大切です。
・時間はかかってしまうけれど、ストレスと我慢を少なく禁煙するには電子タバコに変える事をおすすめします。

『わたし今日から禁煙します!』と、いきなりスパッとやめることはなかなか難しいです。
自分のペースで徐々にやめていくのも一つの手ではないでしょうか?わたしはプルームテックに変えて本当によかったと思っています。

追記(2019.Feb.20)
プルームテックをやめて・・・
・少し物足りない感は禁煙を始めて1ヶ月半経った今もある
・禁煙したことにより、食欲が増したかもしれない・・・(少し太りました。間食増えました・・・)

なにはともあれ、禁煙大成功です♡

もうきっと喫煙することはないでしょう・・・。

 にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへにほんブログ村



関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP